若ハゲのつむじと正常なつむじの見分け方

渦巻きがなくなっている・弱くなっている

こちらのつむじの渦に注目してみてください。よく見てみると渦の形が乱れて、6の字のようになっていますよね。

正常なつむじであればきれいな渦の形をしていて、このように乱れている事はありません。

ここまで渦の形が乱れているということは薄毛の症状が進行している証拠です。

頭頂部は乾燥や紫外線などの影響を受けやすいのですが、つむじが広がれば広がるほどデリケートな部分がむき出しになってしまうということになります。

むき出しになったときにどんどん刺激が与えられ、ダメージとなってしまうので放っておくとどんどん薄毛の症状が進行し、カッパはげになってしまう恐れがあります。

つむじ周りの毛が細くなっている

つむじ部分の髪の毛に注目してみると、他の部分と比べて髪の毛が細くなっていますよね。これは薄毛の症状が進行してしまっている証拠です。

髪の毛が細いということはジヒドロテストステロンか生活リズムの乱れが原因でホルモンバランスが崩れ、十分な栄養が髪の毛に渡っていないという証拠です。

十分な栄養が行き届かなければ髪の毛は太く成長することができないので、このように細い髪の毛ばかりが頭ってしまうのです。

髪の毛が細くなってしまうと地肌は隠すことができませんし、ボリュームもなくなってしまうので薄毛だということが目立ってしまいやすいです。

つむじ周りの髪の毛を触ってみて、側頭部や後頭部の髪の毛と比べて柔らかかったりしたら注意しなければいけません。

頭皮が赤くなっている

薄毛かどうか見分けるポイントとして1番わかりやすいのがつむじの色を確認してみることです。

画像のように頭皮の色が赤っぽかったり、茶色っぽい色をしていたら注意しなければいけません。

健康なつむじであれば血管が薄いので手足と比べても白っぽいような、青白っぽいような色をしています。

青白い色というと血流の流れが悪くなっているのではないかと心配している人もいますが、実は逆なのです。頭皮が血行不良を起こしているサインは頭皮の色が赤っぽい色をしているときです。

これは頭皮が乾燥や紫外線などの影響を受けて炎症を起こしていたり、血流が滞って血行不良になっている証拠です。

画像を見ると一見はげていないように見えますが、ここから徐々に薄毛の症状が進行していってしまうので、一刻も早い対策をすることが大切です。

髪の毛をセットした時につむじが潰れる

ワックスやスプレーで髪の毛をセットしたときに、うまくボリュームが出せずぺったんこになってしまうのははげてきている証拠です。

1本1本の髪の毛が細いため、ワックスやスプレーなどのスタイリング剤を使用しても起たせることができず、しなっとしてしまうのです。

無理に髪の毛にボリュームを出そうとスタイリング剤を多く使用してしまうと毛穴づまりの原因となってしまい、頭皮トラブルを招く原因となるのでそこは注意しましょう。

つむじに少しでも違和感があるなら、早めに対策しておいた方が良いです。
 

​発毛美容サロン H.G.C ~Hair Growth Cure~Hair 整骨院併設

〒153-0016

東京都江東区東陽町 3-20-8-101

『はい木場整骨院です!』と電話に出ますので、ご用件をお話しください。